泰巖宗安記

信長の足跡を探る。

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.05.
ichiran16.png ⇒ 織田信長の家臣団 ▼ 織田信長の家臣団

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.11.
ichiran16.png ⇒ 北別所 ▼ 北別所

 

織田信長の家臣団

織田信長の家臣団

41_9MKYN6yL__SX318_BO1,204,203,200_
新刊のご紹介です。
いつもお世話になっている和田氏の初めての著書です。
桐野さんと二人で、歴読でのコラボ企画などありましたが(信長記の大研究や、絵本信長記)
単著は初めてです。
今月半ばの発売です。
どれだけ新知見が出てくるのか、発売日を待ちたい。


スポンサーサイト
Guide
 
 

北別所

北別所

IMG_8951.jpg
信長公記では東別所とあるのは、現在の三重県桑名市北別所
上記写真は神明社の本殿に掲げてあるもの。


IMG_8969.jpg

写真の右側が尾畑城跡。
といっても民有地らしくまた藪に覆われていて、中へ入れません。

IMG_8949.jpg



Guide
 
 

ここまでわかった本能寺の変と明智光秀

ここまでわかった本能寺の変と明智光秀

数か月ぶりの更新です。


版元に情報が出ました。洋泉社から2016年10月5日発売です。本体950円+税
知っておきたい「論点」や「新視点」を第一線の研究者が分かりやすく解説
「本能寺の変研究」の現在が分かる。

↑とあります。
あまり考えずにお受けしましたが、場違いではなかったかと思っていますが、発売が楽しみです。


Guide
 
 

09/18のツイートまとめ

09/18のツイートまとめ

t_souan

大蔵卿局は、夫が亡くなって一年ほど経ったわけだが、剃髪はしなかったのだろうか。
09-18 20:55

Guide
 
 

09/04のツイートまとめ

09/04のツイートまとめ

t_souan

RT @kusunoki030513: (承前)輝政の直々の要請で出陣。滝川一益家臣の岩田小左衛門の男「市正」を養子に迎えた。小左衛門は四郎兵衛の姪壻だった関係からだろう。信長より3歳年長。慶長9年8月7日没。異説もある。もともとは神野次右衛門と称し、恒興に仕えたものの退去して…
09-04 10:43

RT @kusunoki030513: (承前)「浅井殿へ便り」などといった表現から、近江の浅井氏と思い込んでのことだろう。尾張浅井の新八郎信広の浅井家である。室は垣見豊後の姉。甥の土倉四郎左衛門は秀吉への人質となっている。孫女は真田将監に嫁した。将監の曽祖父は桶狭間で討死した…
09-04 10:43

RT @kusunoki030513: 土倉四郎兵衛。兄の弥助が海津合戦で討死したため家督を継ぐ。信長から池田恒興の与力に付けられ、池田家の家老となる。「松平記」にも池田家中でただ一人武辺者として挙げられている。真言僧だったが、弥助の討死前に勝手に還俗し、浅井家に頼っていた。近…
09-04 10:42

Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

Author:k2。
信長好きの独り言です。
コメント歓迎です。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索