泰巖宗安記

巻十一(天正六年)

  同じカテゴリの記事が一覧表示されます

万見邸

天正六年正月四日万見邸にて茶会がありました。その場所と推定されているのが、伝長谷川邸で写真のとおり信雄以下織田家四代の墓所となっているところです。万見が討ち死にしたのをうけて、屋敷を拝領したのが長谷川秀一でした。 貞享古図にある長谷川邸がここです。木に遮られていて、よく分かりませんが、ここも見晴らしがきくところです。メンバーは、明智と長岡が抜けて、元日の御茶道であった松井友閑が入ります。そして信忠...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2013.01.28.
⇒ 万見邸

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索