於次御袋は・・

於次御袋は・・



あの大坂城に居た、信長娘って誰だろうか。
筒井室かと思っていたが、蒲生室の可能性もある。
気になるのは、母親が存命で(つまり信長側室)大坂城に居るのなら於次御袋で(養観院)蒲生室と同母説が理にかなうのになあ。
 兼見に死没記事でもあればいいのに、ないそうなので残念。
今後、活字化されるようなので、もう少し知らない事が判明しそうではあるが。
 墓も、ここにあればなあ。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
氏郷室  ←氏郷室 【2012年10月】の更新記事一覧 →史跡太閤堤 現説  史跡太閤堤 現説
 

~ Comment ~

No title

私も気になっています。
信長の娘といえど、よくわかっていない女性も多くて…
でも、「冬姫」だったら面白いです。特に、茶々をさんざん扱き下ろしている彼女を主役にした小説をチラ見してしまった今となっては…
彼女の名前の由来?も、初めて知りました。
当たり前のことでも実は謎だらけ、難しいところでもありますが、やっぱりおもしろいです。

No title

紀伊様
ご無沙汰ですね。
蒲生室のあの、辞典の内容はひどいですね。小説は未見ですが。
 小林説を受ければ、淀殿の意志を受け継いだことになって面白いのですけど。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索