魔王が棲む魅惑の城

魔王が棲む魅惑の城

11月15日(水)22時から歴史秘話ヒストリアを見た。
内藤説から、三浦(佐藤説)説への変更でしょうか(笑
お亡くなりになられてすぐとは・・・

小牧と岐阜城では最新の発掘調査成果を反映させた映像もあったのが良かった。
岐阜のCGによる、滝の画像などテレビならではの分かりやすいものだった。
地下から建物に入る構造だったいうのは、安土城天主台、北東角にもみられるもので、それを岐阜時代にも遡ったということ。そんなに目新しいことではないと思いまさす。本丸から天主取り付け台へ登る石段、ここなんか地下から建物に入る構造だと思いますけど。
違いは、土から石垣に変わったことだけですが。

三浦説が取り入れられていましたが、伝二ノ丸への階段と解釈した天主台の礎石ですが、季刊考古学第120号安土城の項では、鍬の塊が焼けて出土したことから、物置小屋との見解とされていました。
 しかし、三浦説を採用の摩訶不思議。

天主と総見寺をライトアップした盂蘭盆会。
最近某クイズ番組でも出題されてました、一般正解率は5パーセントらしいです。
映画火天の城のラストシーンもこれでしたけど、山全体をライトアップしたのではないと思います。
あれでは天主が浮かび上がりません。明るすぎますね。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索