大野治長夫人像

大野治長夫人像

あちらで、あげられたので解禁。
雑華院に所蔵される、女性の画像。
宮島新一著、肖像画の視線で稲葉忠次郎夫人像として紹介されている。
しかし、雑華院には大野修理夫人像が知られてはいるが、そのものを見る機会はなかった。
雑華院略史という、古い寺史にはこの女性像は、大野修理夫人像として紹介されている。
その根拠は、過去帳に同夫人の戒名に大野修理内儀とあるからです。
賛に同戒名があるから、間違いなさそうであるが、これを宮島氏は稲葉忠次郎夫人と何故か紹介されている。
何か訳あってと思うが、それなら少しその旨を論考されてもよいものを。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索