一月一日

一月一日

あけおめです。
なんだかんだで、続けてます。
今年の大河は、軍師官兵衛ですね。
今月発売予定の歴史読本「黒田官兵衛をめぐる女たち」で
織田信長正室「濃」を担当させて頂きました。
今までブログに書いてきた事など、まとめてみました。
濃姫ファンには、お叱りを受ける内容となっているかと思いますが、是非とも手にとって頂きたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

謹賀新年

k2様

明けましておめでとうございます。
今年も楽しみに拝読させていただきます。

歴読は今月発売予定とありますのでこれからなのですね。
これもまた楽しみです。

黒田官兵衛についてですが、一昨年12月京都からの帰りに湖西線に沿って木之元まで
足を延ばしました。雪深い山間の宿付近には黒田官兵衛の生誕の地といった幟がいくつも
立っていました。官兵衛は播磨の人と思っていた身には意外だと思って眺めましたが。
その後木之元の話は聞こえてきませんが、あれは何だったのでしょうね。木之元説もありと
いうのでしょうか?

いずれにせよ今年の大河も楽しみです。
信長も登場しますし、テレビの予告では土田御前も登場で興味深いです。
私が追い求めている犬山殿は、その頃どうしていたのかと想像を巡らすしか
ありませんが。

その犬山殿の墓、去年11月に訪れた時には近くにもう一つ小さな五輪塔
(ちょっと不完全でしたが)があったのです。これには驚きでした。毎年訪れて
いますが、これまで二つはなかったと思うのですが・・・

とりとめのない長い新年の挨拶になってしまいましたが、
今年もよろしくお願い致します。






No title

猫山殿様
こんばんは。
コメントありがとうございます。
木之元ですが、黒田姓発祥の地だったでしょうか?大門さんの本では否定されてましたね。
土田御前も出るそうですが、どうからめるのか心配です。

犬山殿墓の横にある墓ですが、私も気になって確認しましたけど、織田家関連のものではなさそうです。

No title

あけましておめでとうございます。
歴史読本楽しみです!

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

濃姫について執筆されたとのことですね。
知っているところが少ないので、非常に興味があります。
楽しみにしております。

濃姫は大河ドラマでも登場するようですが、側室の明智氏などもドラマ向きだと思うのですが、どうでしょうか?

今年もよろしくお願いします。

No title

紀伊様
おめでとうございます。
お元気でしょうか。

妻木

湖西堂様
おめでとうございます。

あの「つまき」は、側室ではないと思います。
わりと新説を取り入れることもあるので、出てくれば快挙ですが。

謹賀新年

k2様
今年も宜しくお願いいたします。
官兵衛の初回タイトル「生き残りの掟」、一瞬「生きていた信長」かと思ったのは、私だけ…ですね。
いよいよ今日スタートですが、ほんの少しの期待から始めようと思います。

No title

武江様
おめでとうございます。
地元のKBS京都で、一昨日「四月物語」が放送されてました。
月代を剃っていた江口信長でしたが、今回の大河では総髪なので区別できてよかったです。

このような話題が出るマニアックなところですが、今年も宜しくお願いします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索