長篠合戦と武田勝頼 

長篠合戦と武田勝頼 

勝頼

読了しました。
レビューではありません。

この合戦を信長が近畿圏で戦ったものと、東国での戦いとは違っていたと桐野さんは指摘されていました。
著者の平山氏は、信長関連の書籍では見られない名ですが、主要著書に武田関連の名が見られますので武田の研究者さんでいらっしゃるようです。
 当著書を読んだ印象は、いわば織田研究者対武田研究者の様相を呈していた。
信長研究をしている方と、関東で武田研究をされている方とは見方が違うのですね。
勝頼の最期まで書かなかったのは、武田研究者らしいまとめかたですね。

信雄宛て(御方)書状、小川文書は現在真田宝物館が書状されているようです。114頁


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

「信雄」宛になっていましたか。二刷でしょうか。

御方

いえいえ、生母生駒氏と間違っていらしゃいます。
桐野さんも間違われているぐらいですから、仕方ないのかもしれませんね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索