京都新聞 にちよう文化

京都新聞 にちよう文化

私流 この偉人 京滋の歴史から
という題名で、先週三好長慶が登場。
紹介者は、今谷明氏。
最近の肩書きの、国際日本文化センター教授。
前の横浜市立大教授は、知っていたが、知らなかった、そこは京都市西京区大枝にある事を。

大枝は、亀岡へ行く道中で、近年住宅地になり、唐櫃越が消滅した所であるが、足利氏が、著作で、光秀のルートと紹介したところでもある。

今谷氏は、京都市生まれだそうで、来年四月から都留文化大学長に就任予定だそうです。

記事は、三好長慶を先駆的な政権を構想 信長へ時代引き継ぐとある。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
堀新氏  ←堀新氏 【2007年12月】の更新記事一覧 →12月22日  12月22日
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索