総見院と天徳院

総見院と天徳院



当ブログが昨日で九年を迎えました。


更新せずとも、資料や新刊情報などはチェックしているつもりですが、最近気になっているのが信長の戒名について。

色々なお寺にお参りさせて頂き、貴重なものも含めて拝見させて頂いたりしているのですが、記憶とメモを頼りにしていてもなかなか難しいのが、微妙な文言の違い。
 その時頼りになるのが、なんといっても写真。メモなら、微妙に間違っている可能性があるから。
特に「総見院」の総の字は、寺によってまちまちである。
 
加藤さんの論考に刺激を受けて、関連するものを再読。
一番にチェックしたのは、岐阜市歴史博物館発行の図録信長での高木さんの論考。
高木さんは、長興院本での天徳院の使用に関しては明言を避けられている印象。

史跡巡りもぼちぼち再開し、ほそぼそ更新していきます。
まずは神明が嶽に、鉄船でしょうか。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索