戦国の鉄舟

戦国の鉄舟

IMG_5063.jpg

佐和山城に籠もる磯野員昌を東西南北四つの砦と「鹿垣」で包囲した堀切と竪堀を発見したというニュースがあり、現説に行けなかった悔しさがあったが、何といまでも見れました(H27年5月15日現在)
 現地に行ってみると、よく見つけたなという印象とともに、写真で見るより圧倒的な迫力。


IMG_5069.jpg

二枚目が西側から見た反対方向の写真。
信長時代は松原内湖に面していたので、辺りは水。
敵兵は逃げられないように、一枚目のように佐和山から尾根続きの丘陵を削ったわけ。




この天守の奥に見えるのが佐和山城跡。
この低い山がなかなか落ちなかったのは、籠もっていた家臣が有能だったのか。
箕作山や観音寺山があっさり落ちたり、逃亡するのは六角の兵にまとまりがなかったためでしょうか。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索