06/14のツイートまとめ

06/14のツイートまとめ

t_souan

近江六角氏 シリーズ中世西国武士の研究 第三巻 所収戦国期近江における湖上ネットワーク 佐々木永田氏の場合を昨日コピーしてきた。もう二年前に出ていたんですね。
06-14 23:09

常磐御前の捕らわれたのが木幡。現在は伏見区の簡易裁判所。 http://t.co/VMBTeilAna
06-14 22:53

買いですね。"@mori1582oran: おおおお!VR安土城のDVDが出るのですね!!これは楽しみです( *`ω´)>RT"
06-14 20:58

RT @Mitty_3000: VR安土城で感激したのが「明智光秀コース」!時間設定を朝靄かかる早朝にし、坂本から琵琶湖経由で安土城入りする光景を見せてくれました!
06-14 20:56

RT @yamamoto_zombie: 史跡の名称てどうすべきか難しいな。例えば私部城。交野には他に目立つ城は無いんだし、交野(片野)城でも良いと思うが、私部城で最近は統一されてる。文献上では「片野」「私部」の両方記載があるらしい。
06-14 18:18

木幡をこばたとルビをふられているが、現在ではこはたか、こわた。どちらでもない。あさいとあざい論とは違うけど。
06-14 13:11

石谷家文書での木幡は、宇治市ではなく伏見区桃山では?常磐御前が平治の乱に破れて三人の子供を連れて逃げた際、捕らわれたのがここら辺り。 http://t.co/XZrPs5czOK
06-14 13:08

@Toshirou_m 高野山悉地院の僧でしょうか。そうですね、信憑性は低いですね。このような二次資料を使わないと仕方ないと論考できないとは思いますが。
06-14 08:43

RT @Toshirou_m: 戦国史研究会例会に参加。摠見寺建立の目的が信長の「自己神格化」ではなく「護持」であったとの説は一考に値するものの、他の参加者の方からの指摘もありましたが、提示された史料の精査には問題があるかと思われます。
06-14 08:39

RT @sekaiisanhana: 寂光院は建礼門院のゆかりだけではなく、創建が聖徳太子、家康と淀殿が再興したという、1400年以上の歴史のあるお寺!今日知りました…建礼門院というイメージしかなかった…ちなみに写真は豊臣秀吉が伏見城から寄進したと伝えられる雪見燈籠です ht…
06-14 07:41

@noimago 重ねてありがとうございます。楽しみに反論したいです。
06-14 01:40

信雄のというのは、でした。
06-14 01:38

一番の気になったのが、斎藤利宗カ書状。これが、今回の目玉?柴田殿縁者云々の注釈。信雄のいうのは、どうでしょうね。違う解釈は可能。
06-14 01:25

石谷家文書やっと購入。岌州上人宛があるのに、驚き。何も注釈がないが、天正二十年十月十四日午刻没。六十八歳。なので、当時五十八歳。
06-14 01:18

@noimago ありがとうございました。肯定的な意見のようですね。
06-14 01:01

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索