星芒

星芒

長沢 奏子著 砂子屋書房 2000年4月 発行

神戸同族会の会員、長沢さんの小説。
織田信長の三男、三七郎信孝とその女子について書かれた短編集。
その内容の出典は、系図纂要のようである。
信孝の娘が、信長の庶長子信正の子信衡に嫁ぐなどを描いた作品である。

この小説の後に、三七信孝の母について論考されてる。
長沢さんによると、信孝の家老であった岡本氏は熱田神宮の神官や、宮司ではなく、
代々御簾師であり、当主は儀助というもので、良勝は兄か弟であろうと思われると論考されてる。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
樋口仁左衛門信胤  ←樋口仁左衛門信胤 【2008年05月】の更新記事一覧 →三の山  三の山
 

~ Comment ~

こんばんわ
ちょっと興味を惹かれる設定ですね。
探してみます。

武藤臼様
見つかれば、また記事で拝見しますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索