岩塚郷

岩塚郷

豊明市史にある、小嶌日向守の娘。
岩塚殿と称したとあったので、調べてみると。
岩塚城は、守護斯波氏の家臣、吉田内記守氏入道長英で、その子元氏は信長に仕え、
永禄十一年(1568年)勢州大河内城で戦死。
その子九郎左衛門は信雄に仕えたとある。(尾陽雑記)

信雄分限帳の成立時期と岩塚殿の没年が近いので、岩塚をその時領していたのは、
これでは誰か分からない。
ここからも、やはり詳細はつかめない。


この岩塚は、信長が幼年期手習いをした凌雲寺の南に当たる。(中村区)
信長の母説として、美濃土田(どた)説と清洲土田(つちだ)説。
そして美濃薮田小嶋日向守信房女説がある。

面白いのは、凌雲寺近辺を領してた稲葉地城主津田豊後守敏元の室が、
信長の母の姉、土田政久の女であることなのである。
また、豊後守の子玄蕃允信平が谷口先生の辞典によると叔父で後見人と認められる
ようなのは、母の縁かも知れない。

信長の母が、土田氏なのか小嶋氏なのか判然としないが、美濃土田(可児市)説は、信秀の勢力範囲からは、かけ離れているように思われるので、この辺りを領していた一族と考えるほうが、自然のように思う。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
桶狭間奇襲の謎  ←桶狭間奇襲の謎 【2008年05月】の更新記事一覧 →再放送  再放送
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索