京都と織田を結ぶ人

京都と織田を結ぶ人

信長上洛期における明院良政
ぐんしょ 62 渋谷大樹著

信長家臣でも、初期に消えたいった人物の小論。
没年すら分かってない。武井夕庵しかり、松井友感しかり、謎が多い人物がもりだくさんの
信長家臣。

右筆だけでなく政務にも携わる側面を紹介されてる。
また仲介役としての側面もあり、有名な言継卿記に頻繁に出てきている。
公家衆の対信長交渉の一事例として、公家の知行について各自日記を調えておくよう指示したところ、三十人あまりが応じ、万里小路の分が届かなかったという内容があり、複数の相手でも良政を通じてる事が分かる。

文化人としての素養として、和歌も嗜んでいる事も紹介されている。
上洛以前から、紹巴と親交していたという。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索