長谷川嘉竹

長谷川嘉竹

肖像画の視線 宮嶋新一著
による、解説にある長谷川嘉竹像は、京都東福寺霊雲院所蔵で、画像賛も掲載されてる。
谷口先生の辞典によれば、長谷川与次と、この長谷川嘉竹が同一人物かは、今一つ傍証がいると
論考されてるが、宮嶋氏はこの著書で画像にも書き込まれてる、木部肩衝が山上宗ニ記に、長谷川与次殿にありから、同一人物とはっきりしたと述べられてる。

画像賛によると、一源宗心法印御寿容とあるので生前に描かれた事が分かり、慶長五年まで存命していた事も確認できる。
内容は、織田氏の家臣で本能寺の変後、信忠の嬰児(三法師)を清洲城へ移すのに功があった。
朝鮮の役後十余万石を得るが、六十余歳で隠居。
もともと主を奉じる他は志は茶事のみにあり、木辺小宝壺を高価で購入するなど珍器異物で茶の床によろしいものは遠近を問わず手に入れた。と画像賛にある。

長谷川与次と言えば、桶狭間で善照寺砦から、中島砦に信長が陣を移そうとした際、それを引きとめようと家老衆として天理本信長記に名がある人物としては、最近気になっている。
その時の家老衆他には、林秀貞、平手監物、池田恒興、花井三河守、蜂屋頼隆の六人であるが、
最も長く生きた人物で、幸せな老後を送ったようだ。

東福寺誌慶長十九年に、尾州長谷川因幡守、塔頭不二庵内に別に霊雲軒を創む。
とあり、嘉竹と同一人物か、子か分からない。
没年不詳なので、何か資料が東福寺に残ってないのでしょうか。
葬られたとしたら、ここに間違いにないと思われるが、京都に住んでいてまだ未踏の地である。
門前の信長塀は見た事があるが(笑 、機会があれば訪ねてみたい。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索