勝幡系織田氏と津島衆

勝幡系織田氏と津島衆

清洲町史所収名古屋大学日本史論集 下巻 小島広次著
古いものであるが、どの論文も興味深い内容となっている。
本記事では、六 社家と給人家の内藤勝介について紹介したい。
内藤に関しては、谷口先生の辞典や著作を見てみると謎の人物とされ、生没年不詳となっている。
赤塚の戦いで、足軽衆として出てくるが、その後プッツリと消息が出て来ないのである。
内藤と言えば、「信長キングオブジパング」で家老役で登場し、平手自刃後も側近として侍り、桶狭間で討ち死にする。信長とのやり取り等、フィクションながら平手よりも好感が持てた。
大河では、ないとうかつすけで、実際はないとうしょうすけらしいので、それはそれで空想の人物として
描いたのかも知れない(笑

その内藤だが、この論考に祖父江家と複雑に絡む系譜を載せてる。
これを見ると、内藤は津島を本貫とする武士の様に思うのだが、その後活躍が見られないのは、やはり没していた様に思うが、系図をみるかぎり平手同様かなりの年長者の様に感じる。
また、森可成と姻戚関係も興味をおぼえる。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
某報告書  ←某報告書 【2008年06月】の更新記事一覧 →信長と天皇  信長と天皇
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索