小野お通と浄瑠璃物語

小野お通と浄瑠璃物語

祖田浩一著 の小論。
戦国時代の女性 日本発見人物シリーズ4 S57年6月

某所で毎年行われる古本市で購入。古い本なので、ビッグネームが執筆されてるが、
内容は、懐かしさがある(笑

祖田氏の小野お通では、「累世優婦附録」を引用し、
織田信長の側室お国の方の部屋子となっている時に、信長のお手がついた。
問題の浄瑠璃十二段草子は、この時作ったもので、お通自ら歌舞にして信長の前で舞ってみせたという。信長は、お国の方にたえかねて、お通を家臣の林田主水に与えた。しかし主水は信長と共に本能寺で討ち死に(後略
創作でしょうが、面白い内容となっている。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索