天主卵塔

天主卵塔

安土城考古博物館、秋季特別展 天下人を祀るでは、どの様な展示になるのでしょうか。
管理人は、勝手に憶測してみます。

織田信長の画像で、神格化されてるものは、
京都 大雲院本と愛知寂光院本の二つである。
大雲院本については、京都大徳寺総見院本を模した事が容貌から指摘できる。
寂光院本については、他と全く違う容貌であり、また真言宗寺院に伝来している特異なものであるので、よく分からない。
しかしながら、大雲院本の製作年代を考えると、どうも江戸時代に入ってからのようである。

そして、一番の神格化と考えられるのは画像ではなく、安土城伝二の丸にある信長廟と考えられる。
あまり知られてませんが、仁正寺大守代々登山記録の中に

(元文2年8月)五日、領地江明日之役人申付、歩五人来、天主卵塔、表坂百々橋迄、裏坂江藤道筋掃除申付ル也。
とあり、当初からあのような墓塔では無かった事が指摘できる。
近江名所図絵に描かれたように、五輪の塔であったと思われる。
卵塔とは、五輪の塔の丸石の部分を当てたものと推測できるし、現在の墓塔を卵塔と言うのは無理があるでしょう。
秋田裕毅氏は、織田信長と安土城で享保年間には現状と同じだから、基本的な形態まで変えなかったと考えてもよいであろうと述べていらっしゃる。
また神になった織田信長でも、シンポジウムでの発言が載っているが、

墓の製作年代を問われて、蒲生郡志に秀吉が一周忌に建てた事を指摘されているが、よく分からないと述べられている。秋田氏は本当に仁正寺藩のこの記録。安土町史にも活字化されてるこの資料、知らなかったのでしょうか?
それはさて置き、神格化は江戸時代に、織田家によって行われた事が指摘でき、信長廟の改変の時期は、意外に新しい印象を受ける。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
秀吉  ←秀吉 【2008年09月】の更新記事一覧 →新説 桶狭間合戦  新説 桶狭間合戦
 

~ Comment ~

卵塔

卵塔ですが、ふつうは、僧侶の墓ではないでしょうか。お寺の墓によくある住職たちの頭の丸い墓のことではないかと。

でも、そんなものが天主にあったのでしょうか? 
あるいは、伝二の丸は天主部分あるいは本丸エリアになるのでしょうかね?

卵塔

桐野様
コメントありがとうございます。
専門的に現代でいう所では、御指摘通り僧侶の墓を卵塔と言いますね。
大徳寺総見院に残る天正十年十月十七日付け秀吉の寄進状に
一 銀子廿五枚 総見院殿御卵塔之用
とあり、当時五輪の塔は、この様な認識ではなかったでしょうか。

天主跡にあったかも知れませんし、現状の場所かもしれません。近江輿地史略は本丸としか記されてません。この書では二の丸に総見寺がある?となってます。
本丸と二の丸の見解も、意見が分かれてまして難しいですね。

印塔では

こんにちは。
昨日、今日と名古屋で調査をしてきました。
有楽斎の子孫の家の史料なのですが、そのなかに大徳寺総見院の織田家の墓を書き上げた史料がありました。一見すると「卵塔」と書かれており、信長の墓を指していたのですが、よく見ると、「印塔」と読むのが正しいのではないかと思いました。
「印」と「卵」、似ていて間違いやすいのではないかと思った次第。

桐野様
名古屋の調査お疲れ様でした。
その資料面白そうですね。
卵塔の原本、総見院の冊子(S36年)に写真入りで掲載されてますが、ピンボケしてまして読めません。
が、印塔でも良いと思います。( 活字化されたのは、森一夫氏です。)
どちらにしろ、現在の墓塔とは違う事が証明できますね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索