寺田屋

寺田屋

信長ではないですが、京都伏見の寺田屋が火災で焼けていた、の新聞記事がありました。
驚きました、常識だと思っていましたので。

先日、御所の横にあるその寺田屋再建の調査をされた、京都歴史資料館へ行った際、
調度、京都の火災図の企画展をやってまして、少し見たのですが、一番大きな火事が、
禁門の変の火事で、京都市内の地図がまっかっかでした。
例の本能寺も、もちろん赤色に入ってまして、この火事で被災したことが分かる。

伝承ですけど、信忠の小姓山口小弁は伏見の土民の子と言う説がありましたね。

また、違う新聞記事で秀吉の黄金の茶室の復元をみかけました。
大河秀吉で使われたのは、伏見桃山城内の黄金の茶室。
今でも、中にあるのでしょうかね?

無理やり、伏見つながりでした。
まあ、槇島城攻めの際通ったでしょうケド。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
総見寺   ←総見寺 【2008年09月】の更新記事一覧 →伏屋城  伏屋城
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索