伏屋城

伏屋城

一度行ってみたいと、思いながら行けていないマイナーな史跡。
知ったのは、織豊興亡史。著者は早瀬晴夫氏。

この城こそ、あの墨俣一夜城のモデルとなったものと云う。
最近読み進めている、武功夜話異聞にも触れられていて思い出した次第。
場所は、濃尾国境岐阜県羽島郡岐南町。
説明版には、墨俣築城と同じ様な内容が書かれている。
秀吉が、歴史上に登場したデビュー戦とも言うべき城。
さて、いつ行ける事やら。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索