第4章 主格中心部の物理的遺構探査 他

第4章 主格中心部の物理的遺構探査 他

特別史跡安土城跡発掘調査報告12 主格中心部天主台・本丸・本丸取付台・伝名坂邸跡の調査
H14年3月 (本文編)

もう6年前になりますが、天主台の下に蛇石があるのかどうか?
レーダー探査にての報告書。
結局、蛇石は無かったとの結論。この論考を読み直すと、面白いデスヨね。

城と民家 城戸久著 S47年6月
大変古い安土城の論考。横山氏が学生と出てくるくらいですから。
この論考にも、おおっと! 思わせるものが出てくる。

今日まで、みやこメッセで時代祭りの織田公上洛行列の衣装展示をしていたようで。
京都に生まれましたが、一度も見た事がありません(笑
信長の鎧兜は、オオソドックスな兜。
南蛮兜ではないのが、時代を思わせる(笑
現在なら、やはり南蛮兜にマントなんですがムリでしょうけど、、
某所で、津田某氏所用の竜の前飾りが付いたものを拝見しました。
これを拝見した時テンションが上がりましたが、信長の物と云われても不思議では無いような物でした。
それは、中村錦之助の風雲児織田信長で着用した竜の前飾りを思い出したからです。
これには後日談があって、柏原町へ行った際、柏原藩主織田家伝来資料名品展の冊子の中に、
伝織田信長所用兜立物があるではありませんか。
本品は、黒漆塗りの全身像は数少ないという。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索