押領

押領

元亀年間における信長の近江支配体制について 織田宿将の分封支配をめぐって
日本歴史471号 S62年8月号 谷口克広著

信長家臣についての研究では、右に出るものはいない谷口先生の古い論考。
明智光秀が、叡山焼き討ちの後、志賀郡の一職支配権が与えられたかのようにとれるが、光秀に与えられたのは、叡山と日吉社の旧領を中心とした志賀郡の散在地である、と解釈すべきであろうと論考されている。
ところで、光秀十月に慮山寺領を、また、十一月かそれ以前に三門跡領を、いずれも山門領と称して押領している。やるじゃないか光秀。これも真実の光秀像として広く紹介してもらいたい。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索