新書

新書

織田創様ブログで、知りました藤本先生の新書。
桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった 洋泉社 760円(安い)

昨日購入、今日から読みます。
本屋の店頭には、早くも、直江の本が並んでます。
いつも、と言いますか毎年同じ著者(メンバー)が見受けられますが、どうなんでしょうか。
もう、山内一豊本が店頭に見受けられないところを見ると、安易な購入は控えたいです。

龍華様のブログで、前に知りました
信長はなぜ叛かれるのか 小島英記著 ポプラ社
があったので、立ち読みしました。
表紙をめくると、総見寺跡から見る琵琶湖の写真。の文字。
正解は西の湖。
嫌な予感が(ファンから見て)、この本は著者が、叛かれた者の城跡を巡る紀行文みたいなもの。
松永久秀の信貴山城跡の項で、山頂の空鉢堂に登り、その下にある松永屋敷は木が遮り、断念せざるをおえなかった。(そりゃ、上から見ると見えないでしょ)
とあるが、ただ、山登りで疲れて止めただけでは?
と思わず突っ込んでしまいました。
買いもしないのに、批判するのもどうかと思いますが、信貴山城跡は山頂だけ登っても、ただのハイキングで終わってしまいます。
今後、もし訪ねられる方がいらっしゃるなら、その向こうに大きい登山道があり、歩きやすいので、是非松永屋敷まで足を運んで下さい。広くて、凄い曲輪が残ってます。

信長本は、いつでも新刊があるが、選別が必要です。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

季節のたより

こんにちは
季節の挨拶みたいな状況ですね^^;

最近は積ん読くの山が大きくなってきて、読む限界を感じてるので選択は厳しくなってます。
なんで、まいどおなじみ作家さんとか、某大学先生とかは自動スルーですね^^;

兼続は関西だと
・・・ひょっとしてひこにゃんに続く三成ブーム到来か!
の可能性は多少期待してますが、むしろ再来年の龍馬の盛り上がりに期待してます。

武藤臼様
こんにちは、武藤臼様。
某大学先生って、逆にすごいですよね、感心します。
まだ、愛の文字兜の妻夫木君は見ませんが(笑
再来年の龍馬ですか、京都の観光客が増えると、道が混みます(泣
11月の終わりなんて、通常三十分で着く所、二時間かかりましたよ。もっと公共機関を利用して頂きたいものです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索