天地人 第一回

天地人 第一回

第一回 「五歳の家臣」
今年の大河始まりまして、色々な方のブログを拝見しましたら、何か書きたくなりました。
やはり、一番突っ込まれていたのが天守での秀吉と三成のシーン。
あれが、三成ならそうですが、小栗旬ならさもありなんと(笑

その後、兼続と景勝が石垣前で何故秀吉の命を受けなかったのかと述べるシーンは、
多分、熊本城でしょう。
後ろの石垣の角の部分が、二つ並んでいるのは、清正時代のものと、細川?の時代のものとの説明板があった様な記憶が。
で、築城間もない大坂城に、あの石垣はないでしょうと、ロケ場所につっこんでしまいました。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

K2殿どうも。

今回の大坂城天守の復元CGには、熊本城天守を参考に「夏の陣図」を基にした案が採用されています。熊本城がロケ地に選ばれたのもそんな処からでしょうか。
件の石垣についてはよく見られていましたね(笑
一方、「おんな太閤記」では桃山城がロケ地に選ばれていました。

さて、天守での場面で自分が気になったのは、笹野秀吉が欄干に腰掛ていたことであすね。当時の高欄は、現在の感覚からすればかなり低い造りですから可能ですが、一歩間違えば転落死です。
やはりあの場面では、秀吉が正面を向いて見下ろし、三成は脇(一歩引いて)に控えている、というのが筋でしょうね。

No title

Tm殿
笹野秀吉の、そのシーンも今まで見た事がない様なポーズでしたね。口紅も違和感が(笑
やはり、熊本城でしたか。あの反りも、初期大坂城には、合ってないでしょうね。

No title

こんばんわ

なるほど
いろいろ突っ込み所満載ですね

今年は今年なりにブログ回りを
楽しめるのかもしれません^^

No title

武藤臼様
コメントありがとうございます。
違う楽しみで、拝見して頂ければ(笑
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索