「信長公記」の著者太田牛一の子孫の墓と伊丹とのかかわりについて

「信長公記」の著者太田牛一の子孫の墓と伊丹とのかかわりについて

村重 三号、その2 村重四号 益尾宏之著 

太田牛一の墓所を追って。
ありました。お墓。
といっても、最近御子孫の方が建立された合祀墓ですが。
墓所は、池田市畑一丁目 仏日寺
牛一の子、牛次の系統が青木加賀に仕えたので、麻田藩の領地に子孫の墓があるよう。
しかも、この寺は麻田藩主の菩提寺でもあり太田家の麻田藩での家格が伺い知れよう。
青木家歴代藩主の墓が整然と並んでいる墓域があり、少し離れた墓域に、太田一族の域がある。
当たり前だが、太田家の墓塔には家紋の丸内石畳が彫られてあった。
太田系図によると、牛一の後は
ー牛次ー正次ー牛秋ー牛輝ー牛暢ー牛信ー牛教ー牛直ー牛孝ー等
となっていて、牛直はこの仏日寺に葬られてる。

しかし、この仏日寺建立が、牛次の没年より時が経っており、牛次は太田系図によると、伊丹の正善寺に葬られた事が分かる。
益尾氏によれば、過去帳に清月浄閑信士 元和二年正月二十四日
とあるが、墓は現存しないと言う。ここに、牛一の墓があったかも知れない。
この寺と、仏日寺は宗派が違うのも気になる。

牛一の没年が、慶長十八年。二年後に大坂夏の陣があり、その事も没年が不明となっているとともに、墓所が分からない理由と言えようか。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ディアゴステイーニ

K2様

御無沙汰しています。
久しぶりのコメントで、あまり関連していないので恐縮ですが、三浦氏による、ディアゴスティーニの安土城に関して、御貴殿の感想をお聞かせ頂きたく存じます。


ttp://www.de-club.net/azc/
ttp://www.de-club.net/azc/guide.htm

No title

小嶋殿
ご無沙汰ですね。
心配してました。
安土城の件、今、頭が太田牛一モードなので、、、
記事で。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索