小嶋民部少輔 など

小嶋民部少輔 など

織田信孝の異父兄で、坂氏の連れ子である小嶋民部。
信孝が神戸城に封ぜられた時、山路弾正の後高岡城へ入った事は、伊勢の軍記ものに見られ、信孝が岐阜へ移った後、神戸城城主となる。などなど、この小嶋民部、坂氏と小嶋氏との間に生まれたものと思っていた。しかし、小嶋民部は、神戸城を逃れ、高野山へ登り、その後、前田利長に仕え、その系統は、加賀大聖寺藩士となっていた事が判明した。
由緒書きによると、父は織田彦八郎。
意外でしたが、織田一族であると言う。ただ、この織田彦八郎が、どの様な人物であったかは不明。
すると、坂氏の娘は、はじめ織田彦八郎に嫁し、その後信長に近侍した事になる。
死別したか、信長が奪い取った?かは大変興味の湧くところではあるが、想像の域を出ない。
高野山へ登り、と言うのは、そう前に記事にした、華屋院へ入ったとあるので、坂氏の娘である信長夫人は、華屋院と号していた裏付けを取る事ができた。

小嶋民部、名は正次。慶長十五年(1610)二月十六日没。

メモ
瀧川、山中、花房、太田、ナド

私信
戦国ものパンツわかりました。約一万円するんですね、 高っ。

天地人
信長は出番なし、及び、えらいまったりした進行で大丈夫なんでしょうか。
坂の上の雲があリ、今年は早く終わるらしいので。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索