戦国大名血族系譜総覧

戦国大名血族系譜総覧

歴史読本 2009年4月号
冒頭から?何ですが、巻頭カラーで、織田信忠と徳寿院の写真が掲載されていて、
岡田氏から徳寿院を迎え、秀信と秀則をもうけた。
コレは出典は、何でしょうか。初耳ですね。塩川学長もびっくりな記述です。関連記事とあっても、それについてはスルーでしたし。織田氏三代の谷口克広著は、入門編で終わってました。

特集辞典で和田さんの織田信長家臣団の女性たちとして、25名の家臣系譜を特集されています。
何故この人選になったのかが、興味があります。

狂乱と冷徹の軍事カリスマ 連載第16回
信長と義昭の亀裂
今回も前回同様、よみごたえが有りました。
尺際廻番衆について、丁寧にかつ興味深い論考となっています。
現在、長谷川与次に興味があるので、他の交名とともに、その組み合わせになったか?考えてるところです。そして、五か条の条書になった経緯を、新しい切り口で論考されてる。
なるほど、ちゃんと段取りを踏んでいたのかと、納得してみた。
朝廷、または公家衆との関連と言えば、暦の問題か近衛前久ばかり注目されていたせいか、この一条の件は、読み応えがありました。まだ、姉川も行ってませんが?次号も楽しみです。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
山中鹿介  ←山中鹿介 【2009年02月】の更新記事一覧 →長谷川秀一  長谷川秀一
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索