太田牛一と「信長公記」

太田牛一と「信長公記」

本郷 H21年2月号 堀新著
南心様に、教えて頂いたもの、入手。
信長公記の信憑性には大きな問題がある、とする見解がある。
このような見解は、首巻と十五巻の区別もついていないものも多いとし、この様な曲解が一般書で繰り返されているせいであろう。と述べられ、その後のが傑作。

学生「先生は信長公記をもとに授業をされてますが、この史料はあまり信用できないと本で読んだのですけど、、、」

苦笑いしながら
堀氏「どんな本を読んだのですか」と逆質問

学生「○○○○○、、、」

予想どおりの書名が、、、、。

なんだ、その書名。著者が知りたい。その前に、堀氏にそのような質問する学生って、堀氏より、その著者のほうが、上って思っているって事ですよね。ある意味すごいですね。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

 これはこれは、早速に恐縮です。
 今の学生は大体、小説とか、ゲームのイメージがあって、これから取り去らないといけないですね。自分も学生の時、後輩に●沢元●さんの本で赤穂事件を語られて、何度もこういう史料があって、ここにはこうあるから●沢さんの主張はあり得ないとか、色々と懇切に説明したつもりですが、聞く耳持たずでした。
 所謂、こうした小説類で英雄史観が植え込まれていってしまうから問題なんですが…。しかし、こんなのはまだ良い方で、最初から話さないと行けない場合もある。
 例えば古い方(失礼かもしれませんが)だと、稲村ヶ崎の故事とか忠臣蔵のあらすじとか、大凡は知っているもんですけど、今の子は初めから話さないといけない。こういうのは諸先生方も授業では苦しまれているそうです。

No title

南心様
その、聞く耳持たずなんとなく分かります(笑
あれを、説得するにのは大変ですね。

なるほど、最初から太田って言っても?となりますから、少しかじってるほうがマシですね。
その後、その学生は納得されたか知りたいものです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索