明智光慶の墓 他

明智光慶の墓 他

明智光秀と旅 信原克哉著 2005年9月1日

多くの示唆を与えてくれました、上記書。
これの最後を飾るのが、光秀の子光慶の伝説。
墓が三基あり、右から母フサ(光秀側室)、光慶、左が光慶夫人の三人。
場所は、遠く離れた千葉県市原市不入斗。

こんな遠くまで、、、光秀の重臣斉藤利治が光秀側室を守ってこの地まで落ち延びたと伝わる。
斉藤利治って誰?と言う突っ込みは、置いといて。

天地人 第20回
私の最終回は、先週で終わりましたが、今回は三成の再登場。
その前に、初音が本能寺の変を兼続に報せると予想しましたが、外しました。
お詫びいたします。

さて、今回小栗三成が、兼続に色々申しました。
視聴者また、私の事など代弁して頂いた様な台詞でした。
脚本家さん、分かっていたんですか。恐れ入りました。

大河秀吉で、佐吉を演じた小栗旬。石松丸が亡くなったのは、佐吉と石松丸が同じ物を食べて食あたりで亡くなったとのストーリーでした。それを反省して、自害しようとした佐吉が、スゴスゴと秀吉の前に出てきます。
あの大河から、13年。立派になりましたね(笑
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
大龍寺 他  ←大龍寺 他 【2009年05月】の更新記事一覧 →高橋虎松  高橋虎松
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索