高橋虎松

高橋虎松

もうすぐ、六月二日です。本能寺で明智方相手に奮戦した、高橋虎松。
信長公記によると、御台所口で比類なき働きと特筆されている。
さすが、信長が見出したものである。

現在でも、子孫の方がいらっしゃる。意外ですが、京都府長岡京市。
直系ではないが、兄の系統である。
高橋家家系図によると、虎松は高橋家時の四男。
名は家春。 高橋虎松信長公に属し京本能寺戦死すとある。

これも意外ですが、二条御新造で討ち死にした高橋藤丸は、その弟で勝春と云う。

本能寺の変がなければ、堀、菅谷、長谷川の後を継ぐものとして、名を残した事でしょう。
信長が見出した、将来を嘱望された者達は、光秀の謀反によって、本能寺に散っていった。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

こんにちは。今年もあの日から、427年目の6月2日がやってきますね。
管理人様は阿弥陀寺か、大徳寺総見院でしょうか? 愛知県の僕は清洲総見院か名古屋総見寺です。(有休とれれば)
高橋虎松…比類無き働き…恐らく甲冑など防具なども着ける暇なく、フル装備の光秀軍と戦った信長の近習たち…外に宿泊して、変を知り駆けつけた者たち…この日、無念の思いと憤りを持って闘った人たちの御冥福を祈りたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

隆青様
阿弥陀寺へ参詣する予定です。
名古屋総見寺か、清洲総見院れぽ楽しみにしてます。

No title

こんにちは。
あと一週間なので、名古屋総見寺に参列出来るか電話で尋ねましたが、檀家さんだけとの事で断られました。
住職さんのお話しだと10月頃に名古屋で妙心寺展があるので所蔵する信長肖像画を出品するそうです。戦災前の木像は古写真も残ってないが、伝えられる所によると等身大だったと教えてくれました。等身大と言うと思い出すのが大徳寺総見院にある木像ですが、肖像画も(狩野永徳作)名古屋総見学寺に写しが存在してるので、木像も大徳寺の写しか…??と推定してます。

No title

隆青様
そうですか、残念ですね。
名古屋総見寺は、敷居が高いのは一度訪ねた時に感じてましたが。木像は等身大ですか。大徳寺のコピーかどうか、分かりませんが、名古屋市史の総見寺の寺宝公開リストの中には、木像は見当たりませんし、可能性はありますね。
そうすると、清洲総見院ですか、、、
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索