センゴク 天正記 4、5

センゴク 天正記 4、5

ヤンマガ 宮下英樹著
4は、長篠の戦いでの山県三郎兵衛昌景がメイン、5は馬場。
一応、冒頭にフィクションであると言うものの、最後に参考文献を載せられている。

山県の討ち死にを、綺麗にまた、かっこよく描かれている。敗戦の将にして、このように描くのは、武田びいきだからでしょうか。
山県の子孫は、越前松平藩に仕えている。笹治大膳正時がその人で、生国は尾張。
父が昌景の庶子で上村左兵衛の子と言う。兄山県内匠は大坂御陣のおり、真田備えへ一番槍をしたらしい(諸士先祖之記)
この笹治大膳は、その前年1574年に生まれた信長九男信貞の娘を嫁に迎えている。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索