戦国大名浅井氏と北近江

戦国大名浅井氏と北近江

浅井三代から三姉妹へ
H20年10月25日 長浜市長浜城歴史博物館発行

これは、久しぶりに出会えた、カラー入りもある浅井本。ありふれた、聞いた事が何回もあるものではない、新鮮なものだった。
伝真柄直基所用の野郎頭兜は、藤本正行氏の著作で触れられていたので、写真でも見た事がなかったんですが、展示されていたようですね。見に行けばよかった、、、
また、信長ものでは、本朝名将百図 で、甲冑姿で、床机に座っている総見寺本とは違い、畳に座っているもの、また狩野永徳写しの肩衣袴像の写しで、虫食い部分を載せており、現大徳寺本坊像が、原本ではない、指摘をされていたのは、興味深かった。
その他にも、地元ならではものといえようか。
ただ、今度大河主役の江に関しては、、、それはまた、おいおいに(笑
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

その図録に本朝百将図が載ってるのですね。斎藤道三肖像画は常在寺所蔵の写しでしょうか?

No title

信長しか、載ってません(笑

No title

そうですか、しかし信長像も興味深いですね。鎧甲冑で座ってる絵も原本があるんでしょうね?!
信忠の甲冑像と馬印も珍しいです。長浜に行きたいですね~

No title

なかなか興味深いですね
今年はどこかで一度江北と思っておりますが
長浜も行き先に加えましょう

No title

武藤臼様
ご無沙汰です。長浜城では、天地人に関連した展示もしてますし、私は昔ここで、姉川の戦い関連史跡のコピーを頂きました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索