ごぼう

ごぼう

豊臣秀吉軍団100人の武将 岡田正人・宮本義巳編 新人物文庫 2009年7月11日 700円
先日、織田信長軍団100人の武将が出ましたが、続編の再販でしょうか。

秀吉の家臣として、信長の六男信秀と七男信高が名を連ねている。
中でも、七男信高の項で、武田攻めの凱旋時、岐阜から安土への途上、垂井に御屋形立置いた、ごぼうを、信高の幼名「小洞」を当てている。これを、御坊つまり、五男勝長だと思っていたが、武田攻めの際、織田源三郎を名乗っているので、また幼名に戻るのは、おかしいので、信高なんでしょう。
問題は読みで、「小洞丸」は、「こぼらまる」と読むものと思っていたが、「ごぼうまる」になるんですね。すると、「大洞丸」は、「おぼうまる」でしょうか?
寛政譜の記述どおり、信高は変時、安土ではなく、美濃の氏家の元にいた証左となろうか。
ただ、天正十年に七歳で、一献進上はどう解釈しようか。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岡田正人 医師

ごぼう 豊臣秀吉軍団100人の武将 岡田正人・宮本義巳編 新人物文庫 2009年7月11日 700円先日、織田信長軍団100人の武将が出ましたが、続編の再販でしょうか。 秀吉の家臣として、信長の六男信秀と七男信高が名を連ねている。 中でも、七男信高の項で、武田攻めの凱旋時、...

岡田正人 食道癌

豊臣秀吉軍団100人の武将 監修 宮本義己・岡田正人新人物文庫 岡山で衝動買いした本でしたが、読み終わるのに結構かかりました。 100って書いてあるけど、中身は114人以上ですからね(笑) 半分くらいまでは複数の作家さんが様々な武将について書かれていて、残り半分は?...

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索