織田信長かくれ話 他

織田信長かくれ話 他

天下布武への魔王の素顔 桑田忠親監修 1991年11月
この書は、裏話織田信長 昭和58年コンパニオン出版刊を文庫化したもの。

当ブログは、信長のあまり知られていない逸話も紹介しているが、この書をブック○フで購入し、分かりやすい文章で書かれている、読み物。出典は、公記、総見記、武功雑記、老人雑記などで185種を選別されてる。
この中に桶狭間での一節、小勢なりといえども、大敵をおそるるなかれ~
これが、名古屋城の信長湯のみの出典なんでしょうか。

センゴク 天正記 6宮下英樹
帯びに平成の新「名将言行録」となってます。
上杉謙信と雑賀孫市の共同戦線の活写と銘うってます。
先号ほどの感動はありません。
信長が築城中の安土城天主前で、大演説をすると言うフィクション。
分かり易い為でしょうが、信長の立っているのが、石垣ではなく土塁になってます。
これは、かなり危険な造成と言わざるを得ません。また、その下の外周路までも低いですね。
あの真下の郭、発掘調査されてませんが、水を溜める枡の様な、井戸の様なものが有り、伝武井邸の様な趣きがある所。安土城貞享古図にある井戸の谷と呼ばれるこの谷筋は、観光客が入って行かないので、無理は無いが、結構急峻なものとなっている。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
素麺  ←素麺 【2009年08月】の更新記事一覧 →比叡山ライトアップ  比叡山ライトアップ
 

~ Comment ~

No title

「信長のかくれ話」
さっそくアマ○ゾンの古本買いました。
よく知られた話が多いですが一冊に纏まっていて
便利です。でも「事実ではあるまい」とか「中身を検討するまでもない
作り話」とか・・笑ってしまいます。
情報ありがとうございました。

先日「信長のおもてなし」っていう本を買いました。
あの頃はもうかなり今に近い食材があったのですね。
醤油がまだあまり普及してなかったようですが
素麺はどんなふうに食べたのでしょうかね?
甘党の信長はお菓子に目が無かったなんて想像しても
楽しいです。

No title

都の風様
こんにちは。買われたんですか、確かに読みやすいですね。ひとつひとつに出典を入れてほしかったんですが。

信長のおもてなしは、当ブログでも取り上げた事もありますが、素麺はないですね。
素麺は、他の記録でも古くからあるようなので、食べたかも知れませんね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索