稲葉山城東麓に勝家屋敷

稲葉山城東麓に勝家屋敷

おとつい(一月七日)の岐阜新聞に載ったそうです。
家康の軍記に出てくると、東大史料の金子さんが発表されたそうです。
それは、関ヶ原の前哨戦で岐阜城攻めの際、達目(だちぼく)に攻めあがる記述に柴田の古屋敷と出てくる。
との事で、あれっと思い、前に頂いた史料を見直した。

杤山斉氏所蔵「内府公軍記」大澤泉著 大阪城天守閣紀要 第37号 2009年3月
その論考の最後に翻刻されてるのを確認すると、
前略 京極侍従ハ荒神洞柴田修理亮古屋敷より搦手之水之手へあかり、稲葉山中納言殿御座所を取詰、

せっかく頂いたのに、家康のだったせいか(笑 読み落としてた。
だから、だめなんですよね。時代が下がっても、注意を払うべき反省とします。
知らなかったのですが、織田信長という歴史で触れられている、この達目で信長が鹿狩りをしたのも、地元の新聞記事になったそうですね。
次に飛び出す資料は何でしょうか?
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
報恩寺初詣  ←報恩寺初詣 【2010年01月】の更新記事一覧 →駒ヶ谷山  駒ヶ谷山
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索