江は岐阜生まれ

江は岐阜生まれ

来年の大河に合わせて、カテゴリとして「江」を追加しました。
信長学を立ち上げた岐阜は、来年盛り上がるかも知れません。
記憶が曖昧でしたが、見つけました。
濃州殉行記に、信長の「女弟」つまり妹が長政自殺の後、岐阜に逃れて一女を生むと言う記述見つけました。
是が崇源院、つまり「江」。お市は、身重で小谷城を逃れた事になる。
 逆に、身重であった事が、長政をして逃れるよう勧めたと言う憶測も可能かも知れません。

大河に限らず、小谷城落城時、お市の方が三姉妹を連れて落ち延びるシーンが必ず登場するが、当時生まれた年の江が歩いてる事もしばしば見受けられるが、、、来年はどうでしょうか。

江、出生の地岐阜として、来年千畳敷公園に幟が建つかも知れません。
もうひとつ、二番目の夫羽柴秀勝は岐阜城主の時に、朝鮮で亡くなってます。
妻「江」がその時、城主夫人として岐阜にいたのか、他の大名夫人と同様京へいたのか、よくわからないので、今後の課題としたい。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

情報ありがとうございます。
岐阜生まれ確定とすれば?小谷城へは行った事がない可能性も、出てきますね。
 長浜市は、どういうキャンペーンしてるか確認してみたいです。

はじめてコメントします。

江と佐治与九郎を調べている者です。
よく貴ブログにお邪魔して、色々勉強させてもらっています。
江は岐阜生まれですか。すごい発見ですね。
私はまだまだ力不足で、わからないことだらけです。
今後ともよろしくお願いします。

No title

ヨクロー様
初めまして、ようこそ。
こちらこそ、貴ブログで勉強させていただいています。
佐治に関して、私も調べ直したいと思っていますが、資料がありませんよね。
今後も記事、楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索