織田信長の蒸し風呂か?

織田信長の蒸し風呂か?

驚きました。二条御新造跡から出てきたそうです。
現説なしで、出土品は5月1日から京都考古資料館で展示されるようです。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

信長のサウナ風呂?

こんにちは。
K2様。素早いですね。
この記事、私も今朝の朝刊で見てビックリしました。調査は終了したらしいですが、遺跡は埋め戻したんですかね?見てみたかった…。
妙心寺の「明智風呂」は見学したのですが、朝刊のスケッチはそれとは違う感じです。

信長の二条御新造は建物の構成とか様式は解明されたのでしょうか?おそらく広大な敷地になるでしょうから、一気に全容解明は難しいでしょうね。

京都市考古資料館が入場無料というのも驚きでした。

No title

こんばんは
朝刊で休日の寝ぼけマナコがパッチリあきました。
朝日なんですが「二条屋敷」ってなってました。
ネットで見ると他社は二条御新造なんですがねぇ・・
見出しは朝日がよかった「信長も愛した?桃山式サウナ」
愛したんでしょうね~お庭を眺めながら濃姫と二人で
なんてことは無いか・・・無いですね。

No title

青霧谷様
コメントどうもです。
場所ですが、御池通りの南側のようなんですが、そうすると、意外にも二条御新造は大きい印象をうけました。遺跡は明後日確認してみます。
 全容解明は難しいでしょうね。御池通りで分断されてますから。最近金子氏の論考から、明智軍が押し入った、近衛邸が東側だったらしいので、主要建物は東側よりだったと類推しますが、どうでしょうか?
 考古資料館は、行けば分かります(笑)

No title

都の風様
私もびっくりしました。
二条屋敷でも分かりますが、石碑は二条殿になってます。
 二条御新造は当時の読みなので、その記事を書いた方に敬意を表したいですね。いまだに二条城と書く方もいらっしゃいますし。
 
 濃姫ですか。最近ネタふりがなくてすみません。
私は読んでませんが、安部龍太郎氏の小説で、風呂に入ってる信長の背中を流した、勧修寺晴子を思い出しました。
安部氏はさぞ、喜んでるのではないでしょうか。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索