葉上院

葉上院

縮小IMG_3743

織田信長の息女で、後秀吉の側室となった三ノ丸殿。
秀吉死後、公家の二条昭実に嫁いだ。この事は、岡田正人氏の研究に詳しい。
金子拓氏の著書、織田信長という歴史で触れられているが、江戸時代初期でも、その動向が知られていなかったことが分かる。三ノ丸殿は昭実に嫁いで、そう長くないうちに亡くなる。
 それはお産が原因だったと思われる。
二条家墓域の右端にある、小五輪塔。これが葉上院と贈り名された三之丸殿の子。
父昭実の墓塔は、その三個隣にあります。
没年月日が、三の丸殿と同じ慶長八年二月五日。生まれたてだった、嬰児にお墓を建てた二条家の配慮にも頭は下がるが、残念ながら母はここ二条家の暮域に葬られてなく、妙心寺の某所にあるのは残念である。
 もうひとつ、この子が長生きしていたなら、信長の孫が関白になっていたであることは、重ね重ね残念である。
同じく公家万里小路充房に嫁いだ、摩阿姫に与えた影響は大きかったと思われます。
あまり引用されませんが、キリシタンになったといわれる所以は、三の丸殿と自分を重ねた結果と私は考えています。
摩阿は日向守利忠を連れて、加賀に帰ったと書かれることが多いが、摩阿の没年月日に充房が等利と号して出家してるので、摩阿は京で亡くなったと類推できる。
そして三の丸と同じく、お産が原因で亡くなったと思われます。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

.

こんにちは

先週の土曜日に妙心寺に行ってきたばかりでした。といっても通り抜けさせてもらうだけですが・・三の丸殿の墓所はどこなんでしょうか?いつもは
南門から北門に抜けることが多いのですが先日は少し東に折れて桂春院の前を通って一条通りに出ました。あのあたりに一ヶ所、塔頭の跡のような空き地が気になりました。妙心寺のHPのQ&Aに信長のお墓参りはできますかの質問に「いっさいできません」ってそれだけのつれない回答が載ってました。
秀吉は好きじゃ有りません。加賀の局は人質の意味もあったでしょうけど
信長の娘はなんのために側室に?
蒲生家にいたからそのための人質?
なき主人の遺児の行く末を案じるなら
いい嫁ぎ先を探してあげてほしかった。自分の側室にするなんて・・・

.三の丸殿

都の風様
当たりです。
そこが、三の丸殿が開基した韶陽院跡です。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索