三ノ丸殿

三ノ丸殿

縮小IMG_3744

広い妙心寺境内にある、ぽっかり空いた空間がある。
ここが、三ノ丸殿が開基した韶陽院跡。
廃仏毀釈のあおりで退転し、僧堂として使われていたが、寺としては愛知県一宮市東光寺として残ってはいるものの、そちらには空襲により何も残っていない。前住職が書いた由緒書きによると、父信長と兄信忠の菩提を弔う為に建立した。とある。
 三の丸殿の画像と、位牌は愛知へは行かずに雑華院へ移された為、空襲にあわずに現存しているのは幸いである。十年前ぐらいに、二尊院に分骨されたと、三の丸殿の画像を掲載した日本の美術にあるのを見て、探しに行ったが見あたらなかった。帰りに、ここで見つけた時の感動は忘れられない思いで。
 その後、歴読の信長と26人の子どもたちで掲載されたが。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

.

こんばんは
あの空き地でしたか・・・
でもお墓は気づきませんでした。
妙心寺は信長縁の方の塔頭が多く
中に入れなくても説明板を読むだけでも信長の偉大な力を感じます。

.

都の風様
時間があれば、是非お参り下さい。
玉鳳院は残念でしたね。たまに、一般公開されますから、気長待って下さい。
 ここには鶴松の墓もありますから、来年大河の便乗企画で、特別公開されるかもしれませんし。

 あと、慈雲院に養徳院(乳母)のお墓もありますね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索