織田信次と母

織田信次と母

IMG_4282縮小

今月の歴史読本の読者コーナーに、織田信貞の子孫の方が投稿されてました。
九男信貞には、二人の男子あり。
長男が信次。次男が貞置。
その次男が跡を継ぎます。その投稿文に触れられてますが、東京品川の菩提寺に貞置の墓があることは、寛政譜にあります。私も旅行のあいまに、訪れましたが分かりませんでした。現存していたようですね。
 写真は滋賀県東近江市瓦屋寺に残る、長男信次とその母の墓塔。
母の、没年から貞置を産んで間もなく没してるので、お産が原因だったかもしれません。

長男が病弱で、貞置が継いだことになってますが、長生きしてるので、違う原因があった可能性も考えられるかもしれませんね。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
花房氏  ←花房氏 【2010年08月】の更新記事一覧 →136歳  136歳
 

~ Comment ~

知らぬが仏

こんにちは。
まだまだ暑いですね。加えて私の住む横浜は全然雨が降らないんですよね。ちょっと尋常ではない天候ですが、もうしばらくの辛抱だそうで、体調などお気をつけください。

しかし、先日も投稿させて頂いたのですが、「物を知らない」というのは恐ろしい事で、私が毎日のように通勤している電車の車窓から見える墓地が、今回ご紹介していただいた貞置の菩提寺の墓所だったようで、以前から墓地があるのは知っていたのですが驚きです。

関東で信長や家臣団の足跡に巡り会える機会はあまり無く、小田原に堀秀政の墓、小田原稲葉氏の墓所があるくらいだと思っていたのですが、信長の孫の世代になるとやはり江戸周辺に痕跡が出てくるのですね。
貞置の墓は今度探してみます。なにせ定期券が使えるので…。

最後に小耳に挟んだ情報を。
もうご存知かもしれませんが、谷口克広氏の「織田信長家臣人名辞典 第2版」が10月15日に出版予定だそうです。
私は「せっかく買うなら古本ではなく新刊を!」と思って、待ち望んでいたのですごく嬉しいです。

貞置

青霧谷様
コメントありがとうございます。
意外なところから、繋がる事は経験上よくあります。
古い友人では、総見寺の鐘を調べてると、通勤経路にその鐘が現在あることが分かったことが、一番の驚いた内容ですかね。
 また、それが醍醐味かも知れません(笑)
貞置の墓レポ、楽しみにしてます。

谷口先生の辞典が近々に出るのは存知てましたが、来月ですか。
どれだけ改訂されているか、比べてみるのも楽しみです。

墓所探索

こんにちは。
貞置の墓所に行ってきました。
墓所のある清光院の墓地はそんなに広くはないので、割とすんなり発見できました。運が良かったのかな?
そこで簡単に墓所の概要をお知らせ致します。

墓所のある清光院は京急線新馬場駅南口から徒歩10分もかからない、やけに寺院の多い、住宅と事業所が混在する一角にありました。寺領はそれ程広くなく大寺院内の塔頭寺院の様な様相でした。
この清光院は奥平家、永井家の墓所として有名なのですが、織田家の墓所は永井家の広い区画の隣に一般の檀家さんと同じ広さの一区画に墓石が建ててありました。奥平家、永井家は柵で区画を区切り入り口には門を設えてあるのですが、織田家は一般の檀家さんと同じ扱いで少し寂しい感じでした。

それでも墓石は一般の檀家さんとは比べるべくもなく堂々としていて、1辺40cm程、高さ1m強の正四角柱で上部に笠を頂いてその上に宝珠が設置されていました。色は積年の経過で紫がかった黒色にくすんで重厚な趣でした。
墓碑銘は正面と向かって左側面に認められ、下記のように読むことが出来ました。

(正面)
織田家累世墓
(左側面)
織田貞置以来家族合載十五座
明治十六年五月合葬
  嗣子織田信吉改之

となり、明治になって建て直した為か、文字はそれ程風化が進んでいませんでした。合葬とありますので以前は広い区画に各人の墓石が並んでいたのでしょうか。

(訪れようとお考えの方へのアドバイス)
墓所は墓地の入り口に立った時に正面に見える高い2本の木の根元です。

以上、簡単ですがご報告致します。

沢庵の東海寺塔頭

青霧谷さんの報告に乗っからせて頂き、蛇足を加えます。
清光院は、江戸名所図会「万松山東海禅寺(東海寺)」の説明に、「寛永十五年戌寅、台命を奉じて、沢庵和尚開創するところの禅園なり。“塔頭十七宇あり”」とある十七塔頭の内の一つです。あの辺りは、東海寺の広大な寺域だった所で、家光を始め、歴代将軍の御成りも度々有りました。
蛇足の蛇足。幻の十一代将軍家基は、鷹狩りの途中、不調を訴えた後(帰城後)急逝し、暗殺説もありますが、その際休息に使われていたのも東海寺でした。

青霧谷様
貞置の墓参レポ、ありがとうございます。

前に見つけられなかったので、すっきりしました。
合祀墓のようですね。合祀ですが、元々あったところにあるのはいいことですね。丹羽長重に嫁いだ娘は、赤穂浪士で有名な泉岳寺に葬られたらしいですが、現在は合祀されて青山墓地にあるようですので。

江城東北住民様
詳細な蛇足ありがとうございます。
こちらの記事で、何かおかしなところがありましたら、
ご指摘ください。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索