京都映画祭

京都映画祭

IMG_6415縮小

一日映画三本はきつかった(笑)
平手の爺が三人も自害したら、凹む。
三本とも、信長記でいう首巻のみなので、すべて内容がかぶってる。

風雲児織田信長と、若き日の信長は見たことがあった。
もうひとつ織田信長。
斉藤道三との謁見シーン。
どんな姿で現れるのかと思ったら、衣冠束帯姿(笑)
これは意表を突かれた。これは予想しなかったし、その後に影響も与えなかったようですね。

今日はその前に時間があったので、東福寺へ。
完子つまり、江と小吉との間とに生まれた娘で、淀殿が養育して九条家へ嫁いだ。
その九条家の菩提寺が東福寺にある。よう州府誌に子女の墓は大機院とあるので、行ってみると、塀に囲まれた一角があるあが、入れない。ここでは管理してないという事で、あちこち聞いて回った。
 九条家の寺である塔頭を紹介して頂いて、やっと管理されてるところが分かった。
しかし、墓参は不可だった。敷居が高く諦めざるを得なかった。

写真は、裏から見える江の供養塔。正面から見てみたいものです。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
鶴松  ←鶴松 【2010年10月】の更新記事一覧 →茶々  茶々
 

~ Comment ~

No title

 この、江の供養塔は東福寺にあるのですか? 
 養源院のはお参りしたことありますが。
 完子の供養塔が隋心院にあるらしいのですが、まだ見ていません。
 鶴松の墓は長く行ってません。中の木像はどうなってますか?

No title

ダイナゴン様
写真は、養源院のです(笑)
東福寺の九条家墓域は、自主規制でやめました。


随心院は、前はよく通るのですが、存じません。
また近々に行ってみます。
 鶴松の中の木像ですが、最近修理されたようです。検索すると、その業者さんがヒットしますので・・・
 それが、今安置されてるかは存じません。
個人的には、前のままがよかった様な気がします。

No title

 私も東福寺へは一条家の墓所を探しました。それは一条兼輝の室が森長継の娘だったので、それを探しに…。先に見つかったのは九条家の墓で、ここを管理している塔頭さんに聴いたら一条家の場所を教えてくれましたが、いずれも拝観不可。後日、色んなつてで拝見することができました。多分、この辺のお公家さんのお墓は変わっていないように思われるので、完子のも残っている可能性大です。

No title

南心様
東福寺までとは流石ですね。
 その「つて」をお持ちの南心様が羨ましいです。残ってるとは思うのですが・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

武江様
度々ご教示ありがとうございます。
養源院の塔は、東福門院が施主でしたか。来年は中まで入らせてもらえるのですかね。

No title

K2様
何分京の事には疎いもので、東福門院施主の碑が写真の物かお伺いするつもりでしたが・・・。
篤姫の際には、非公開の寛永寺にあるお墓が特別公開されたような記憶がありますので、来年公開されるような事があれば、確認宜しくお願いします。
そういえば、将軍の家族で火葬されたのは於江與だけだ、という説をよく目にしますが、家康の母、於大の方(伝通院、寺は我が住処の近く)や、4代家綱の母、於楽の方(寶樹院)も荼毘に付されたと記録に有ります。関連本に間違いが無いか、注意して御覧になって下さい。
武江(江城西北住民改メ)より

No title

武江様
火葬ですが、毒殺云々は信じてません。
そんなに、特別なものでもないように思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索