豊臣完子

豊臣完子

IMG_6718縮小

ダイナゴン様の情報から、訪ねてみました随心院。

江の二番目小吉秀勝との間にできた娘、完子。
秀忠との再々婚にあたって、豊臣家へ預けて嫁ぐ事になり、姉茶々が養育した。

お寺の方に聞くと、裏にあるかもという事で行ってみるとありました。
天真院という、院号は知っていましたが、これで下まで判明しました。
供養塔らしいというか、新しいのでどこかから引っぱってきたと思われるので、信憑性は高そう。
 
裏に俗名お江与の方となっていたのは残念(笑)

没年は万治元年八月十八日
東福寺誌を、読み返すと確かに、東福寺に葬られた事が確認できた。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

知りませんでした…

こんにちは。いつも勉強になる情報を、ありがとうございます。
完子については院号も没日も本当に何にも知らなかったので、こんなにはっきり残っているなんてとても衝撃的でした。
知ることができて、とても感謝しています。

早速ブログでまた取り上げさせていただきました。こちらの記事へリンクを張らせていただいています。事後報告となってしまい申し訳ありません。

京都の寺院はまだまだ発掘されていない情報が眠っていそうですね。お恥ずかしながら妙心寺など訪れていない重要スポットがまだまだあるのですが、随心院もそこに並べておかければ…

「東福寺誌」も見たことがなかったので、早速注文しました。本当に、いつも情報をいただいてばかりです。ありがとうございます。

京都

紀伊様
お役にたてたようで。
京都はおっしゃるように、まだまだ知られていない情報が眠ってるように感じますね。
 本当は完子が、小吉が亡くなった年に生まれたのかどうかの確認、つまり没年の確認がしたかったのですが・・・
 東福寺誌買われたのですか?それはすごいですね。私は、ほとんどがコピーなので(笑)

織田信長画像の展示

行っていただきありがとうございます。
今年は各地で織田信長画像が出てますね。

名古屋市博物館
「桃山」
長興寺、大雲院等3点

安土城考古博物館
「義昭と信長」

国立歴史民俗博物館
「武士とはなにか」
神戸市立博物館

微妙にタイトルは間違ってるかも知れませんが、信長画像見るにはいい年です。

No title

ダイナゴン様
情報ありがとうございました。
随心院は、時代劇でよく撮影されてます。そのよく見られる門が、完子の寄進したものだったんですね。
近くにいても、あまり存じませんでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

了解しました。
どうぞ、使って下さい。
また、拝見させて頂きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索