猿の人質

猿の人質

img081縮小

大河第11回
北の庄落城後、舞台は安土へ移ります。
出典は、柳系婦女伝系からでしょうか。個人的には、ここで江は初めて自分の目で小谷山を見たと思っているのですが、そのシーンは前にもってきたので、ありませんでしたが。

遠望で、安土城主格部が炎上した跡を写してましたが、そうすればあの背後に写る石垣は、どこを想定してのものでしょうかと、邪推しながら見てましたが・・
 信長が出てた時から、天主へ向かう階段ありましたが、あんなに低くないのは、この本丸から見る天主台石垣を見れば分かります。そうすると、あの段差を考えると伝二の丸からと考えてみましょう。
 その奥に、信長の居た執務する部屋とします。そうすると、夜に訪ねたきた江に、向けた槍のシーン。
その槍を襖の向こうに投げます。その先は、台所郭になります。
 台所に居た、女房衆もさぞ驚いたことでしょう(どうでもいいですが)
実際、三法師がどこに居たかは分かっていませんし、ましてや京極龍子の話というのは出典は何でしょうか?
 
今回京極龍子が初登場しましたね。NHKのホームページにある龍子の部屋はなんでしょうか(笑)
後に、国松の亡骸をもらい受ける勇気ある行動をするのですが、大丈夫でしょうか。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
じうんいん  ←じうんいん 【2011年04月】の更新記事一覧 →茶々の反乱  茶々の反乱
 

~ Comment ~

忍耐の春

こんにちは。

「江~姫たちの戦国~」。なんとか耐えて見続けています。
本能寺までは結構好印象で、馬揃えのシーンは心躍る想いでしたのに…。

秀吉がちょっと残念ですね。
江達にとって二人の父と母の仇なので、あのような描かれ方なのでしょうか。
秀吉が出て来るとしんどいです。

「龍子の部屋」。NHKのセンスが進歩しないのはある意味驚異ですね。
それと「天下布武」の印が木製になっていたのは、時代考証の小和田先生が演出家にごり押しされてしまったのでしょうか。安土町の「信長の館」で売っている土産物の方が金属製で重厚感があります。

江の年齢が上野さんに合い始めれば、事態が好転すると願って見続けてみます。



青霧谷様
こんにちは。
震災の影響で、そちらは大変なことではないかと心配してました。

秀吉はそうですね(笑)志村けんのバカ殿みたいですよね。
あまり、ハードルを上げずに見る必要がありますが。

まだ数えで11歳ですから(笑)あと何回かかりますでしょうか。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索