戦国三姉妹 初

戦国三姉妹 初

IMG_7898貼付用

福井県立若狭歴史民俗資料館テーマ展 
若狭に眠る初 常高院
紀伊様情報で、初の本名が「なべ」であったとの情報で、小浜で飛んで行ってきました。
その「な」と署名されている自筆書状が展示されていました(小浜常高院所蔵文書)
情報にあった御鐺(おなべ)の出典に関しても、学芸院様にお答え頂きました。
常高院に所蔵されている資料に、ルビがふってあるようです。
活字化はもちろん、写真も撮られていない為、該当部分は見れませんでした。
福井新聞に、その学芸院さんが特集を組まれていて今日は掛け軸でした。
初については、小浜地方では長女を「いち」二番目「はつ」というそうで、それを紹介されていました。
そういえば、男含めて江は五番目といわれていることもあるので「ご」でしょうか(笑)
その理屈でいくと、茶々の幼名は母と同じ「いち」ですね(笑)

今回の展覧会は図録がありません。本当に新発見を、そのまま展覧会に出したようなもののようでした。
その他にも新出資料が出ていたので、よかったです。
京極氏は後に、丸亀に移るわけですが、その丸亀市立資料館の所蔵資料にも初ではないものがあるようです。
秋に、佐々木京極家記録に関しての展覧会を企画されているようです。
入館料が百円と、かなりリーズナブルとなっています、かなり遠方ですが。

写真は、町のあちこちで見れる水川あさみさんのポスター。
あの袋の中は、もちろんお菓子でしょうか(笑)

地元でしか手に入れられない資料を探索。
常高院と京極のおんな達 常高寺再建記念特集
戦国の女性たち 若狭歴史民族資料館特別展図録
常高院殿 京極高次夫人 若狭人物叢書
キリシタン大名京極高次 小浜市史 紀要 第3
京極忠高に仕えた貞門五哲の俳人 斉藤徳元
紀伊様ご教示の資料と、最後の小浜市史紀要。
斉藤徳元の論考は興味深かった。岐阜市で展覧会で取りあげられたこともある、正印軒の息子。
岐阜城落城後、中央俳諧のネットワークに入りこむことが出来たのは、先主秀信の妻であった九条幸家夫人つまり完子の影響があったのでは?というもの。京極高次との縁も、岐阜時代のことかもとか・・




スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

k2様
お久しぶりです。
早速「な」もじ書状について伺います。
先ず、根本的な事ですが、この書状が常高院自筆という点には、疑問を挿む余地はないものだったでしょうか?
それから、紀伊さん(福井新聞)情報では、書状は、江戸の東禅寺の嶺南和尚に質問したものとの事。高輪の東禅寺といえば、英国行使襲撃など、どちらかといえば『篤姫』の方で出てきそうな寺ですが、現在地に移ったのは寛永年間、嶺南和尚開創当初は、現住居表示で赤坂、昔は麻布の内、溜池のすぐ上辺りにあったようで、霊南坂教会で知られる「霊南」坂は、「嶺南」和尚に因む名とされます。
そして、その開山の年がまさに慶長十四年(1609年)。初(御鐺?)は、この年中頃には常高院を名乗り、先の『江』展に展示の自筆書状には、しっかり「常高院」と署名されていましたので、実名で署名し、東禅寺に質問を送ったとすると、極々短期間の事に限られるように思います。資料館では、書面の内容から年代を特定したものと思われますが、書面に東禅寺の名があるなど、年代を判断できるような内容だったでしょうか?
御鐺が常高院の実名とすると、初姫の名が付けられた理由も考え直す必要が出て来ます。上記の点について、情報を得ているようでしたらご教示お願いいたします。

No title

武江様
こんばんは。
当該資料ですが、年次は冊子では推定ですね。
質問の相手も推定とあります。
落飾する以前に、侍女「しも」を通じて質問した直筆書状とあります。
 当該資料他常高寺所蔵資料全て、目を通されている方であるところの学芸員さんの書いている事以外情報がないので、年次比定を考察するのはまだ難しいと感じました。記事に書きましたが「おなべ」の該当箇所も確認できなかったので(笑)
武江さんの情報からの考察は、是非試みたいと思いましたが、もう少し先になりそうな感じです。
 女性の書簡について不勉強で恐縮ですが、この書状は署名はありますが、書状というより、メモ程度の印象を受けました。このような時、署名はどう書くのか出家名かどうかも含めてどう書くのでしょうかね?

有馬先生とのお話にk2さんらしき人のお話が出てきました(笑)

とても思い入れの入った、いいテーマ展でしたね。
姉妹の絆の深さを改めて感じました。

徳川初に「初」の名を譲った件については納得できました。
幼名については、有馬先生がおいおい研究をまとめられるとのことでしたので、それを待ちわびるばかりです…

No title

紀伊様
(笑)の入れるところが違いますよ(笑)
早く有馬先生の報告を読みたいものです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索