徹底検証 本能寺の変

徹底検証 本能寺の変

歴史読本 2011年7月号
今日5月23日発売
江と信長 知られざる前半生
と題して、主に岐阜生まれについて書かせて頂きました。
桐野様に紹介して頂いたのみならず、私のつたない原稿の体裁を整えて頂きました。
また、岐阜生まれについての出典は和田裕弘様のご教示によるものであることを付け加えておきます。
渓心院文の見解を付け加えた為、おふたりへのことの感謝の言葉をカットせざるを得ませんでした。

(本稿を進めるにあたり、桐野作人氏・和田裕弘氏に大変お世話になりました。ここに記して深謝の意を表す次第であります) 

もうひとつ知られざる一面として、安土総見寺の造営に関わったことを書きました。
本文をまとめをどうしようかと思っていた時、紀伊様がヒントを頂きました。
読んではいるのですが、見落としてるいました。写真を添付していただきましたが、矢印を入れていただいているのですが、間違っていまして(笑)
 伝長谷川邸跡の織田家四代の墓をさしてますが、正解はその後ろですので。

追記
安土考古博物館の冊子の、おおてみちに江が総見寺を再建した記事が載っていると指摘頂きました。
該当箇所まだ見ていませんが、私が書いた時期よりは後のようです。
岐阜生まれも三月に伊奈波神社の方が発表されたので・・・

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
桶狭間の戦い  ←桶狭間の戦い 【2011年05月】の更新記事一覧 →万里小路?  万里小路?
 

~ Comment ~

No title

無事発行おめでとうございます。早く拝見するのが楽しみです。
私は何もしていないのに名前を出していただいて恐縮です…
今後もますますのご活躍をお祈りしております。
それでは、また拝読した後に…

No title

歴読7月号、Amazonで出荷準備中になりました。届くのが楽しみでなりません。
K2様が寄稿されている『天下布武』というものを読みたくてあれこれ検索していたのですが、会報だったのですね。
研究会様のサイトがNotFoundになっていて残念です……。
折りがあったら問い合わせしてみようと思っています。

No title

歴史読本発行おめでとうございます。
早速本屋に走って、買ってきました。
K2さんの知識の深さをあらためて再認識しました。

渓心院文

紀伊様
ありがとうございます。
反論お待ちしています。

天下布武

さくら様
非公開コメントにて、メルアドか連絡先教えて頂きましたら、連絡先返信致します。
 

No title

ヨクロー様
コメントありがとうございます。
広く読んで頂ける機会を持たせて頂いた、桐野様に感謝いたしています。
 織田源五の大野入りの記事、大変勉強になります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

拝読しました!

k2様
これまた立ち読みで済ませる訳には行かぬ本で、早速購入いたしました。
まだまだいろんな隠れた史料が出て来そうな気配ですね。これからが楽しみです。
k2さんの実名(ですよね)も判明しましたし(笑)。それで、崇源院の実名ですが、「徳」については、『垂統大記』の成立年代から『翁草』の影響は排除出来ないように思います。「五」もじ署名の現物を目にして以後、実名に関しては、福田説は支持できると考えています。それで私も「於江與」から「江」の呼称に変更した次第です。
そう言えば、『近江名所図会」の同板が使いまわされている江戸期刊『木曽路名所図会(一巻坤)』のみを偶々所持してました。安土山總見寺を改めて見ると、信長公墓は、右端上方、丁度矢印を逆にした場所ですね。

萬福ハ越前ヘ質トシテ

こんにちは。
ご活躍のご様子で、お慶び申し上げます。

私も歴読を発売日早々に購入して拝読いたしました。
文中で引用されていた「安土創業録」はとても興味深いですね。
江?、督?の出生地は勿論。萬福丸の人質の件や小谷落城の状況など画期的記述が目白押しです。広く検討されれば今後の戦国史研究にも大きな影響を与えるのではないでしょうか。

先ずは取り急ぎお祝いの一報まで。

No title

武江様
読んで頂いたようで。
名前については、いちおう追記しておきますが「幼名」徳です。
 色々意見があるかと思いますが。

No title

青霧谷様
読んでいただいたようで、ありがとうございます。
安土創業録が一次史料だとは思いませんが、史料批判もあるかと思いますが引用されるのは、ないかと思ってますが。

徳姫

k2様
『翁草』に記載ありというだけで、つい疑いの目を・・・(笑)。
家康二女督姫との兼ね合い位しか考えていませんでしたが、幼名「徳」であれば、徳子(五徳)との兼ね合いの可能性の方が高いでしょうか?家康にとっても微妙な名だったかも知れません。

No title

武江様
連投どうもです。
女性名に何らマニュアルがないのに、普段使っていたであろう本当の名なんて、資料に残るはずはないと思っています。徳姫も後付けのような印象もぬぐいきれませんが。
 
 

No title

はじめまして。
歴史読本読みました。
江の岐阜生まれのことや、お犬の方が淀殿の後見として養育したというところなど興味深くよみました。

ところで、私も、「天下布武」を読んでみたいと思っています。どちらに連絡したらよいのか、教えていただければうれしいです。

No title

ぽむ様
同様に、非公開コメントにて連絡先教えてくだされば返信します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索