それでも太政大臣ですか(笑)

それでも太政大臣ですか(笑)

大河感想 父母の肖像
天正十六年五月二十七日、茶々が男子を出生します。鶴松の誕生です。
出産シーンでは、微笑ましい?秀吉でした。
江も、表題にある通りに思っているのなら、張り倒したり出来ないはずなのですが(笑)

この当時、江がどこに居たかどうかは資料不足で分かりませんが、この年毛利輝元が上洛した時の記録に、聚楽第の小吉の屋敷へ赴いた記録があるので、この頃には許されていたのかもしれません。
 この時にも、まだ妻帯していなかったと考えるほうが不自然に感じます。

・持明院本 浅井長政・お市肖像画
父17回忌、母七回忌に合わせて茶々が秀吉に追善供養を願い出ます。
この様な題材が出てくるのは、はじめてでしょうか。
お市の衣装はまんまでしたが、長政のは違っている印象でした。


・向井秀忠の登場
当時で江が、17歳。
徳川竹千代?が10歳。

二番目の夫と婚姻する前に出てくるのは、ややこしいですが。
父家康にあれこれ言ってましたが、ちょっと早い反抗期という感じでしょうか。

今回は、ほのぼのとしてました。来週は小田原陣のようですね。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索