江は健忘症?

江は健忘症?

大河感想 第41回姉妹激突

ドラマとしての感想ですが、流れといいますか辻褄が全く合ってません。
前編と後編と別人がお互いを内容を見ずに書いたような。

方広寺鐘銘問題で、江が「姉上の御気性を考えると受け入れるとは思えません」と言ってましたが、今までのキャラなら、受け入れる様な温和な茶々だったのですが(笑)
江はお姉さんの人となりを忘れてしまったかのようでした。
秀頼大事で変貌したとも描かれていなかったので、何故豹変したか謎です。
茶々が、従来通りのキャラになってしまったのが残念です。

とうとう大坂冬の陣となってしまい、江が名前をそれぞれよんで心配していました。
その名前は、姉上(淀)姉様(はつ)秀頼 千でした。
完子もその中に入れるべきなのですが、江は完子は忘れてしまったかの様な発言でした。
最後の登場以来大坂にいるような感じで終わってしまっているので。

実際はもう九条家に嫁いでいて、この当時は夫である九条幸家は関白を退いていますが、秀忠が秀頼を関白にというぐらいなら、江の娘である完子のことを描いても面白かったと思うのですが・・・
 秀忠の秀頼を関白にというのは、根回しなしなのがいただけません。

常高院(はつ)の衣装でピンクがありましたが、派手ですね。
尼さんにしては、いかがなものでしょうか。
もうそろそろ、中風のけがでてきてもよさそうですが、ほっそりしたままですね。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

茶々の設定としては一応、気性が激しいようですよ。

江の公式サイトの大蔵卿局のページには
美しく聡明な淀を誇りとしているが、時に見せる激しい気性に驚かされ、肝を冷やすことも。
と書いてあります。

いちゃもんをつけるようで、申し訳ございません。

No title

そうですか。
激しい気性と思わせる描写ってありましたっけ。
秀吉に平手うちを食らわせたぐらいでしょうか。



  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索