武将幽斎と信長

武将幽斎と信長

細川家古文書から 熊本日日新聞社 2011年6月刊
去年出た本ですが、ノーマークでした。
細川宛信長文書を初心者向けに、写真入りで分かりやすく、現代用語で解説したもの。
驚いたのは、元総理大臣で永青文庫理事長細川護煕氏の序文。
 
父が存命の頃、熊本泰勝寺跡にあった歴代の先祖を祀った御祠堂の屋根が台風で傷み、開扉を禁じられた扉を開くと、思いもかけず先祖の位牌の真中に信長の木彫が置かれていて、びっくりした。
 歴代の人たちが、そこまで信長の恩義深く感じ、長い間奉じてきたのかという感慨であった。

木彫は木像でしょうね。熊本に信長木像があったとは。
細川家の至宝にも出品されてなく、今まで聞いたこともなかったので、写真でもいいから一度見てみたいものです。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索